アラフォーからが本当の女磨きの正念場。美魔女もいいけど、もっと自然にキレイでいたい。

menu

アラフォーキレイになりたい女塾

白髪のかっこいい女性って、どんなですかね?ということをある編集の方から聞かれたので、いろいろ考えてみたのですが。

白髪のかっこいい女性というのを、日本だとあまり見たことがないなあ……と思います。

というか、日本はカッコイイ女性が少ないので、女性がアラフォーを通過してアラフィフ以上になったとしても、白髪になるうんぬんの前の問題なのではないかなって思います。

私もこのサイトで、可愛いおばあちゃんになりたいと謳っておりますので、実際カッコイイ女性ではないのかもしれません。路線を変更してカワカッコイイおばあちゃんを目指せば良いんでしょうかね。

白髪とかっこよさについて

白髪でカッコイイ男性というのはいますので、ここで言うカッコ良さっていうのが「マニッシュ」「ボーイ」「ハンサム」的な要素が必要なのだなあというのはオボロゲながらにわかります。

出来る女性が年取って、白髪になる。「私は自然のままにいるわ、黒髪が白髪になっても染はしないわ」という少しパンキッシュな要素があるのも、もしかしたらカッコよさのエッセンスなのかもしれないですな。……個人的にはこのハンサムとかボーイ系というのは、男の子の持つ「めんどくせー」と同義語だとも思うので、もしかしたら、「染めんのめんどくせー」なのかもしれません。

実際のところ、今現在、私自身がハンサムウーマンでもないので、心理がわからないのであります。で、言葉で言ってもわからりにくいので、写真で考えるとどういう女が白髪のかっこいい女性なのかって思ってみたのですが。こんな感じ???

メリル・ストリープ 白髪美人ヘレン・ミレン 白髪美人 英国人白髪美人 草笛光子 中尾ミエ
メリル・ストリープ、ヘレン・ミレン、草笛光子、中尾ミエ……と来まして……全員60代くらいの大台です。

この中で、メリル・ストリープが白髪ジャンルなのかどうかは疑問ですね。もともとがピッカピカなプラチナカラーの人なので、この人を白髪になったと言うのはなんか違うみたいな気がしますが。

白髪である女性と意味ではジュンコ・シマダなんかもそうですが、白髪な女の人っていうくくりで、白髪美人というのは違うと思います。有名であるなしにかかわらず、「キレイ」かどうかなので。

ジュンコ・シマダ 白髪なんかね(笑)こういう言い方をすると、すぐに「キイーーーー!」ってなる女性が一部にいるのですが、正直言って女性から見た時に、素敵かどうかっていうのは、要するに「自分がそうなりたいかどうか?」という視点でしか無いと思うんですね。

素敵よねあの人、確かにキレイだけど、私はこれは要らないの……っていうのは、自分に取って必要のないキレイ要素なわけでして(^_^;)つまりそれは、生涯、自分には不要なものなんですよ。

それでね、女性というのは、自分がキレイになることに命を掛けるいきものでありまして、この辺の認識が歪んでると、実際、キレイにはなれないんですよ。

既出記事にもありますが、キレイの要素には二通りあり、枯れるキレイと潤いキレイがありまして、どっちを取るのは自由だけど、私は潤うキレイがキレイだよっていうことを言ってるわけです。その記事はこれ

で、白髪美人はアリなのか?ないのか?

白髪美人はアリだと思います。ただ、前置きとして、人がやってんなら、です。

白髪美人って実際いると思うし(あんまり生存確認したことないけど)これ、恐らく、枯れる系美人の美しさだと思います。先だっての白髪問題記事でも書きましたが、白髪になるプロセス=メラニンという親水性のある色の要素が生成されなくなる……というくだりがありますがこれ、これこそまさに「枯れ」の要素なんですよね。

なので、自分が枯れ系美女でないことを認識できてる人は、このまま白髪染め人生を送るほうが無難だと思います。

あと……白髪美人って、ニュアンスとしてぽっちゃり美人とか、性格美人とか、そういうのと同じファイルにあると思います。自分がぽっちゃり美人って言われて嬉しいのか?性格美人だねって男性から言われて嬉しいのか?の、延長線上に、自分がアラフィフ以上になった時に白髪美人だねって言われて嬉しいのかってことなんですよ。

それから、じゃあ、その白髪を黒髪か焦げ茶色に染めてきたら、周りの反応は確実に「いいいい!若返ったわね!」なんですよ。これが、答えなんですよ。
髪にツヤを与えるヘアカラートリートメント

関連記事

error: Content is protected !!